老眼 サプリ

MENU

老眼サプリの比較ランキング!

「老眼サプリの比較ランキング」では、老眼の改善にいいとされる成分や価格帯、飲みやすさの総合点でランキング付けしています。
老眼の改善にいいとされる栄養素成分は次の通りです。

老眼に有効な栄養素成分

【アントシアニン】視覚機能や眼精疲労の改善に効果があります
【ルテイン】網膜の黄斑色素を増やす効果があります
【イチョウ葉】毛細血管の血流改善に効果があります
【アスタキサンチン】ピント調節機能の回復、白内障予防、老化防止に効果があります
【メグスリノキ】眼病予防や肝臓機能を高める効果があります
【EPA・DHA】ドライアイの改善に効果があります
【ビタミンA】目の明るさ、角膜や網膜の健康を維持する効果があります
【ビタミンC】水晶体の透明感を維持、全身の老化を防ぐ効果があります

【ビタミンE】血液循環の促進、疲れ目の解消、細胞の老化を防ぐ効果があります
【ビタミンB群】目の疲労回復、目の健康を守る効果があります

老眼が進行すると、「飛蚊症」や「白内障」といった病気を引き起こすケースがあります。
目のストレッチや運動も大切ですが、それは栄養素がきちんと補っていなければ、効果も半減してしまいます。
老眼対策に必要不可欠な栄養素をきちんと摂取したうえで、ストレッチなどをすることで効果アップへとつながっていくのです。

 

ブルーベリー&ルテインのおすすめポイント

ブルーベリー&ルテイン

「ブルーベリー&ルテイン」は、ビルベリー由来アントシアニンで、日本初の機能性表示食品となり科学的根拠のあるサプリメントです。

ブルーベリー&ルテインでは、特許技術によりアントシアニンの吸収性が通常のものより約2倍にアップ
また、高濃度ルテインの吸収率も1.79倍と体内での吸収性が非常にすぐれているのも特徴のひとつです。

さらに、体全体の健康維持に効果がある25種類の栄養組成分をギュッと1粒に凝縮されています。

老眼や眼精疲労、全身の不調など健康の悩みを解消したい方にオススメです。

また今だけの初回限定キャンペーンも実施中!
定価になって損しないためにも、キャンペーン中にお試しいただくのがお得です。

価格 初回価格1,000円(税込)
1日当たりの価格 初回:約32円/2回目以降:約49円
1日の摂取目安 1粒
評価 評価5
アントシアニン(ビルベリーエキス) ○:40mg
ルテイン ○:6mg
イチョウ葉
アスタキサンチン ○:1mg
メグスリノキ
EPA・DHA
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

コラーゲン

ヒアルロン酸
コンドロイチン
コエンザイムQ10
ゼアキサンチン
アイブライトエキス
カシス
ヤツメウナギオイル
ラクトフェリン
αリポ酸 など

定期購入回数縛り なし:いつでも休止、中止可能
返金保証 ○:7日間返品保証(未開封のみ対応可)

 

めなりのおすすめポイント

めなり

「めなり」は、アントシアニンの吸収率にこだわったサプリメントです。

ビルベリーはアメリカで特許を取得したものを配合し、通常のビルベリーよりも吸収率が203%も向上しています。
また、アントシアニンの持続力も通常のビルベリーエキスと比べて、2.5倍も高く時間が経っても効果性が高いのも特徴です。

今までビルベリーサプリを飲んでも、いまいち実感しなかった人にオススメです。

価格 初回価格907円(税抜)
1日当たりの価格 初回:約30円/2回目以降:約99円
1日の摂取目安 2粒
評価 評価5
アントシアニン(ビルベリーエキス) ○:170mg
ルテイン ○:12mg
イチョウ葉
アスタキサンチン ○:1mg
メグスリノキ
EPA・DHA
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

ゼアキサンチン

亜鉛酵母
銅酵母
βカロテン

定期購入回数縛り なし:いつでも休止、解約可能
返金保証 ○:15日間安心返金保証

 

えんきんのおすすめポイント

えんきん

「えんきん」は、手元のピント調節機能に優れたサプリメントです。
また、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

合成着色料、香料、保存料は無添加なので、安心して飲むことができます。

手元のピント調節がいまいちと感じている人におすすめのサプリメントです。

今ならお試しサンプルがもう1袋付いてくるキャンペーン実施中!

価格 初回お試し価格1,000円(税込)
1日当たりの価格 初回:約36円
1日の摂取目安 2粒
評価 評価4
アントシアニン(ビルベリーエキス) ○:20mg
ルテイン ○:10mg
イチョウ葉
アスタキサンチン ○:4mg
メグスリノキ
EPA・DHA ○:50mg(DHA)
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

シアニジン-3-グルコシド

黒大豆種皮エキス

定期購入回数縛り なし:お試し版のためお一人様1個1回限り
返金保証 ○:返品、交換無期限保証付き

 

朝のルテイン&プラセンタのおすすめポイント

朝のルテイン&プラセンタ

「朝のルテイン&プラセンタ」は、ルテインにこだわったサプリメントです。

朝のルテイン&プラセンタのルテインは、体内に存在しているルテインを100%使用した高品質なルテインサプリとなっています。

通常のサプリと違いゼリータイプとなっているので、粒状のものだと喉に引っかかって飲みづらく感じる人にオススメのサプリメントです。

また、本サイト限定で5日分を500円でお試しできるコースもあるので、気になる人はお試しコースからはじめてみるのもいいでしょう。

価格 5日分モニターセット 500円(税込)
1日当たりの価格 初回:100円
1日の摂取目安 1本
評価 評価3
アントシアニン(ビルベリーエキス)
ルテイン ○:40mg
イチョウ葉
アスタキサンチン
メグスリノキ
EPA・DHA
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

プラセンタ

ゼアキサンチン

定期購入回数縛り なし:お試し版のためお一人様1個1回限り
返金保証

老眼サプリで1位の「ブルーベリー&ルテイン」を試してみました

 

「ブルーベリー&ルテイン」は、ビルベリー由来のアントシアンにおいて、日本発の機能性表示食品のサプリメントとなっています。

 

目の疲労感を改善するアントシアニンがたっぷり配合!

 

ブルーベリー&ルテインには、老眼などで引き起こされる眼精疲労を改善するアントシアニンが豊富に含まれています。

 

アントシアニンは、体に取り込まれたあと腸内で壊れるスピードが早いため、吸収率が悪い点がありました。

 

しかし、特許技術によりアントシアニンを壊れにくくして、通常のビルベリーエキスよりも吸収性が約2倍にアップしているのです。

 

わたしもブルーベリー&ルテインを飲み続けていたら、目の奥になんとも言えない重い感じが解消されました。

 

25種類の栄養素材が1粒に凝縮!

 

ブルーベリー&ルテインで一番気に入っているところが、目だけでなく体内の健康維持にかかせない栄養素が25種類含まれているところです。

 

老眼を引き起こす原因は、目だけでなく、体内の血行不足や老化を促進させる活性酸素なども関係しています。

 

老眼予防と健康維持を兼ね備えているサプリは、なかなかないので重宝しています。

 

粒は少し大きめだが1日1粒でいいから飲むのもラク!

 

ブルーベリー&ルテインとブレスケアを比較すると、ブレスケア約2粒分の大きさぐらいでしょうか。

 

粒は少し大きめですが、つなぎ目がなくラグビーボール状の形をしているので、喉に引っかかる感じはありませんでした。

 

また、1日1粒でいいので包装も官製はがきよりもひとまわり小さいので、旅行や仕事場などにも手軽に持って行きやすいです。

 

あと、容量も1ヶ月分で31粒入っています。

 

通常のサプリだと1ヶ月を30日換算しているところが多いなかで、31日分としているあたりも少し得した気分になります。

 

楽天ランキングでも1位を獲得しているサプリメントなので、人気もあるブルーベリー&ルテインはオススメです!

 

ブルーベリー&ルテインは、楽天市場でも購入できますが、当サイト経由で公式サイトから購入すると、楽天よりも安い初回限定価格で試すことができます。

 

気になる方はまず1ヶ月間試してみてくださいね。

 

「ブルーベリー&ルテイン」の詳細を見てみる
※定期コースとなっていますが、回数縛りがないため1ヶ月目から解約することができるので安心です

 

老眼サプリで同率1位の「めなり」を試してみました

めなり

 

「めなり」は、眼に有効な栄養素がぎゅっと詰まっているサプリです。

 

「めなり」には眼にいい栄養素がたっぷり含まれている!

 

めなり

わたしが「めなり」を愛用している理由の一つとして、眼を守ってくる「ビルベリー」が多く含まれているからです。

 

ビルベリーに含まれている「アントシアニン」には、眼精疲労の回復や視力向上に効果を発揮すると言われています。

 

また、抗酸化作用や免疫力向上作用もあるので、生活習慣病予防や老化防止の働きもあるそうです。

 

アントシアニンの吸収率が高い!

 

めなり

「めなり」は独自の特許製法によって、通常のビルベリーと比べて約2倍の吸収率があります。

 

せっかくサプリメントを摂っていても体内に吸収されないと意味がありません。

 

わたしは安さよりも効果が期待できるものを飲みたいと思っていました。
そこをふまえると「めなり」は今のところ、わたしにとってベストなサプリメントとなっています。
しかも、お値段も意外と手頃で続けていける価格である点もよかったです!

 

粒が小さくて飲みやすい!

 

めなり

わたしはカプセル状のサプリメントは大きすぎて、喉につっかかる感じが苦手です。

 

「めなり」は、比較的小粒となっており、ブレスケアよりも一回り大きいサイズとなっていますが、つなぎ目がなくとても飲みやすい。

 

飲む量も1日2粒なので、特に飲み忘れをすることなく飲み続けることができています。
「めなり」の詳細を見てみる

老眼になっても諦めるのはまだ早い!

老眼になっても諦めるのはまだ早い!

自分は老眼かもしれない

もし自分自身がそう思ったとして、それを素直に受け入れることができますか?

 

老眼ははっきりと症状が現れるわけではなく、何となく視界が見えにくい、ちょっと近いものが見づらいといった、違和感から始まります。

 

つまり、初期状態の段階で自覚することが非常に難しいのです。
ただ、自覚しないまま無理を続けると、余計に目に負担がかかってしまい、老眼を進行させてしまいます。

 

老眼の進行を防ぐためにも、改善対策をすることでピント調節機能をよくして老眼の進行を遅らせることが可能です。

 

早めに老眼対策をすることで進行を遅くすることができる

進行を遅らせる

まれに、老眼対策を早く始めてしまうと、それだけ老眼が進行してしまうのではないかと思う人がいます。

 

しかし実際はその逆です。
早めの対策こそが、進行を遅らせることができるのです。

 

その理由は、老眼の対策をするということは、それだけ眼にかかっている負担を軽減させること。負担を軽くするということは、それだけ目の健康によいからです。

 

では、どんな方法がよいのでしょうか?

 

それは、目にいい栄養素成分を積極的に摂ることです。

 

わたしたちの体は栄養素を材料に、細胞を再生させたり、健康を維持しています。
まずは食生活でしっかりと目にいい栄養素を摂るようにしましょう。

 

老眼に効果がある栄養素

老眼に効果がある栄養素を摂取することで、目の老化を防ぐことが可能です。
とくに老眼に有効な栄養素は次の通りです。

アントシアニン

アントシアニンは、植物に含まれている天然色素であり、ポリフェノールの一種となります。

 

アントシアニンには、強い抗酸化作用と免疫力を向上させる作用があります。
そのため、老化防止や生活習慣病を予防する働きがあるのです。

 

とくに、目の健康を維持する働きが大きい特徴があります。
視神経の働きを支えているロドプシンと呼ばれる色素の再合成を促進させる働きがあります。
その結果、目の疲労回復や視力向上に効果を発揮するのです。

 

アントシアニンを多く含む食品がブルーベリーです。
ブルーベリーには15種類のアントシアニンが含まれています。
その中で一番含有量が高いのがビルベリーです。

 

サプリメントを選ぶときも、ブルーベリーエキスよりもビルベリーエキスを使用したものを選ぶといいでしょう。

ルテイン

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。

 

ルテインには、太陽光やパソコン、スマホなどから発するブルーライトから目を守る働きがあります。
ブルーライトを浴びると体内に活性酸素が発生します。
その活性酸素が目の黄斑部にある脂質を酸化させて、視力を低下させてしまうのです。

 

また、疫学調査でルテインを多く摂取することで、白内障や加齢黄斑変性の発生率の低減が認められています。
ルテインはとくに、光の中でも目に有害とされる青色光を吸収しながら、抗酸化作用を発揮して黄斑部の酸化を防ぐ作用があるのです。

 

老眼などを含め、目の病気は活性酸素による光老化が原因と考えられています。
そのため、目の健康を保つためにも、なるべくルテインも摂取することが望ましいといえます。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、ルテインなどと同じくカロテノイドと呼ばれる色素成分の一種です。

 

アスタキサンチンには、目の網膜や黄斑部に存在して、目の中にできた活性酸素を除去してくれます。
また、ピント調節機能の回復や、白内障および老化予防にも効果があります。

ビタミンA

ビタミンAは、化学名でレチノールとも呼ばれ、レバーやウナギなど動物性食品に含まれています。
また、カロテンは体内に吸収されると必要に応じてビタミンAに変わる特性があります。

 

ビタミンAには、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるため、感染症を予防する効果があるのです。
そして、ビタミンAは目が光を感じるのに必要なロドプシンという物質の主成分となります。
そのため、目の働きにも大きく影響を与える栄養素なのです。
とくに目の明るさ調整や目の疲れに効果があります。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせない栄養素であり、血管や皮膚など健康を維持する働きがあります。
また、ビタミンCには抗酸化作用があり、全身の老化を防ぐ効果があります。
さらに、水晶体の透明感を維持する働きもあるのです。

ビタミンE

ビタミンEは、若返りのビタミンとも呼ばれ、各細胞の老化を防いだり、生活習慣病を予防する働きがあります。
また、血行を促し、性ホルモンの生成や分泌をサポートする役割もあるのです。

 

ビタミンEには、血液循環を促進させる効果があるので、疲れ目の解消にもつながります。

ビタミンB群

ビタミンB群は基本的な働きとして、目の疲労回復効果があります。
とくに、ビタミンB1を摂ることで、目の疲労回復のほかに疲れにくい目を維持してくれるのです。

 

そのほかに、摂りたいビタミンとしてビタミンB6も欠かせません。
ビタミンB6にはタンパク質や脂質の代謝をサポートする働きがあります。
老眼の原因とされる毛様体筋と水晶体の主成分は「タンパク質」です。
そのため、ビタミンB6はその代謝をサポートするので、老眼の解消には欠かせない栄養素となります。

 

 

早めに老眼症状に気づくことが大切

早めに老眼症状に気づくことが大切

ある調査では、小さな字が読みにくくなって、その時に初めて老眼を自覚したと回答した人が6割近くいました。

 

しかし、実際はその前の段階で、目が疲れやすくなったり、薄暗くになると見えにくくなるといった症状が発生しているのです。

 

ただ、それは気のせいだと思い、なかなか自覚するまでには至らないのです。この少し我慢すればなんとかなる、という状態が非常に危険です。

 

目に限った事ではありませんが、正常な状態と比べて若干違和感がある、というのは体が何かしらのサインを送っています。

 

それを見過ごしてしまうと、気付いた時には症状が悪化してしまって、取り返しのつかないことになることもあるのです。

 

老眼に関しても、見えにくいというだけではなく、我慢していると、「頭痛」や「吐き気」、「肩コリ」などを併発し、体調そのものを崩してしまうこともあります。

 

老眼のメカニズム

老眼のメカニズム

老眼はどんな人でも起こります。

男性でも女性でも関係ありません。

 

早い人では、40歳前後から症状が出始めます。

 

たとえば、新聞や本を読む時に少し距離を離した方が読みやすくなった、あるいは、薄暗い場所でものが見えにくくなったと感じたら、それが老眼初期の状態です。

 

平均すると、45歳ぐらいからが一般的に老眼が始まるとされており、その後進行しつづけて、最終的に70歳前後で安定するようになります。
安定とは、見えるようになるという意味ではなく、症状の進行が落ち着くだけであり、何もせずに視界が見えるようになることはありません。

 

こんな症状を感じるようになってくると老眼かもしれません。

  • 近くの細かい文字が読みづらい
  • 遠くから近くへとピントを合わせるのに時間がかかる

老眼による眼精疲労は視神経と脳のやり取りが原因

老眼を対策せずに、手元の文字を無理矢理見続けると眼精疲労を引き起こします。

 

モノを見るメカニズムは、水晶体といわれるレンズを通し、網膜で情報として処理されます。
そして、視神経を通じて脳に伝えることで、脳内のスクリーンに映し出されて見えているのです。

 

そのときに、情報を視神経から脳へ伝える働きをしているのか「ロドプシン」と呼ばれる物質です。
ロドプシンは常に使用されており、再合成されながら働いています。

 

しかし、目を酷使することで、再合成が追いつかなくなり、その結果が眼精疲労につながるのです。

 

このロドプシンをサポートするのに有効なのが、アントシアニンの持つ強い抗酸化作用なのです。
そのため、アントシアニンは老眼や眼精疲労を改善するのに必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

 

老眼の予防方法

老眼の予防方法

老眼にならないようにする予防方法としては、やはり体調をきんと整えることが一番です。

 

老眼になりやすい人というのは、毎日残業続きで普段から寝不足の人や、お酒を定期的に飲む人がなりやすいといわれています。

 

老眼にならない工夫として

  • 目に良い食事を取り入れる
  • 適度に運動を心がける
  • 早寝早起きを心がける
  • 目をマッサージして疲れをほぐす

などがあげられます。

 

老眼は、自覚するのが遅くなってしまう人が多いため、それだけ症状が進行してしまいます。
目はいつでも大切にしなければなりません。

 

少しでも違和感を感じた場合は、老眼を疑うようにし、早めに検査と対策をするようにしましょう。