老眼 進行

MENU

老眼はいつまで進む?老眼進行のメカニズムとは

老眼はある程度の年齢になると誰にでも出る症状の一つで、目の水晶体の部分の柔軟性が失われることで、ピント調節機能が弱くなるために起こります。

 

一般的には40歳から自覚されるのですが、実際は20代くらいから症状は進んでいます。

 

老眼は70歳ころまで進行する

いつまで進むかに関しては、個人差があるので判断が難しいとされていますが、70歳位までにはほとんどの人が老眼の症状を訴えるので、それ以降に関しては症状に応じてメガネを利用していくしかありません。

 

症状は近い場所を見ていて、急に遠くの文字を見た時などにピントが合わなくなり、ぼやけて見えるというものが多く、なかには暗い場所になると遠くの物が見えにくくなる人もいます。

 

矯正はメガネのレンズを調節することで行なわれることが多く、もともと近視の人は遠近両用レンズを用いたメガネを使うことでピントが合いやすくなります。

 

また年齢が進むことでピントの調節力が弱くなるので、メガネを作り変える必要があります。

 

遠近両用レンズとは

遠近両用レンズは遠くと近くでメガネを交換する手間を省くために開発されたものです。
昔の遠近両用レンズは、境目がはっきりしていたので、レンズの境目の部分でものが重なってしまうなどのデメリットがありました。

 

しかし現在では、境界部分を感じにくいタイプが多いので、遠近両用メガネを1つ作るだけで近視と老眼のどちらにも対応できるようになっています。

 

遠近両用レンズは下のほうが老眼用のレンズになっているので、階段などを踏み外したり、目が疲れやすくなるなどのデメリットがあるとされています。
また、上半分が近視用のメガネなので、視野が普通のメガネの半分程度しか無いために、見えない部分ができる可能性も指摘されています。

 

老眼に気づくきっかけ

 

実際に老眼に気がつくのは、スマートフォンを見ているときに急に、2メートル先にあるテレビを見る時です。

 

この時にテレビの画面がはっきり見えない時間が長いと、ピント調節機能が弱っている可能性があります。

 

サプリメントで老眼によるピント調節を補う

またサプリメントを飲むことで目のピント調節機能を回復させるという商品もあります。
しかし、効果は個人差によって異なるなので、サプリメントを何種類か試して、自分に合ったものを飲み続けることが大切です。

 

その他の方法で老眼を改善させる

また、老眼をレーシック手術で治療することもできます。
しかし、国内では手術のできる医療機関がかぎられていて、料金も非常に高いので、メガネで調節するのが一般的になっています。

 

ピント調節機能を回復させる目薬などもありますが、一時的に目の疲れをとるだけで、根本的に治すものではありません。

 

若い人でも老眼の症状があらわれる

また若い人の中には気がついていない人も多く、突然ピントが合わなくなって、他の目の病気を疑って不安になることもあります。

 

しかし加齢によるピント調節機能に関しては、誰にでも起こる老化現象なので、あまり気にせずに日常生活を過ごすことが大切です。

 

目の老化現象としては、白内障や緑内障もありますが、老化や遺伝によって、症状が異なるので、高齢になってもピント調節機能がある程度維持されている人も多くいます。

まとめ

老眼になりはじめたら、まずは自分にあった老眼鏡や遠近両用眼鏡をつくり、補正しましょう。

 

また、老眼の進行を緩やかにするため、老眼トレーニングやサプリメントで目に効く栄養素をとりつづけることも大切です。