老眼 吐き気

MENU

老眼による吐き気の原因と改善方法

加齢とともに目の機能は衰えてくる傾向にありますが、中年期になると老眼の症状を訴える人も増えてきます。

 

これは近くのものが見づらいという症状で、新聞の文字や書籍の文字が見えづらくなり、逆に少し話すとピントが合いやすく見えやすくなります。

 

こうした目の老化はある程度仕方がないと言えますが、見えづらいだけではなく、体の不調を感じる人も少なくありません。

 

老眼でる吐き気がおこる原因

見えづらくなることで、目が疲れる、肩がこる、頭痛がするなどの症状が出ることも多いですが、吐き気を感じる場合もあります。

 

吐き気や頭痛などが起こるのも、眼精疲労による症状である可能性がありますので、できるだけ目が疲れない工夫をしておきましょう。

 

目のピントをあわせる毛様体の筋力は、老眼が進むとともに衰えていきます。
さらに、見えづらくなることで目をしかめて見ることが増えてしまいますので、より目は疲れやすくなっています。

 

吐き気などの症状も、毛様体が緊張し続けていることで起こりますので、その緊張を取り除いてあげることが大切です。

 

また普段、メガネやコンタクトレンズで視力矯正を行っているという人は多いかと思います。
長く度数を測りなおさず同じ度数のものを使い続けているという人もあるのではないでしょうか。

 

合わない度数のメガネやコンタクトレンズを使い続けることも目を疲れさせることにつながります。

 

老眼が進んでくると、視力も意外と大きく変化していることもありますので、まずは視力検査を行い、適正な度数のメガネやコンタクトレンズを選びましょう。
そして近くを見る際も見えづらく、それが眼精疲労につながりますので、老眼鏡の利用もおすすめです。

 

老眼による吐き気を改善させる方法

老眼鏡も最近は見た目もおしゃれで、普通のメガネと変わらないものも増えていますので、違和感なく着用することができます。

 

普段からパソコンやスマートフォンなどをよく利用している人も、目が疲れやすくなります。
必要のないときは画面を見る回数を減らしたり、時間を短くする、仕事などで長時間使わなくてはいけない場合も、時々休憩を入れて目を休めるようにしましょう。

 

テレビやパソコン、スマートフォンなどの画面からはブルーライトという目に良くない光も出ていますので、ブルーライト対策のメガネを利用することもおすすめです。

 

目の疲れを軽減させる方法

目を休めるには、目を閉じたり、遠くを眺めるのも良いですし、ホットタオルなどで目を温めるのもおすすめです。

 

また、目が緊張しているときはあまり目を動かしていませんので、目の運動、ストレッチなども取り入れてみましょう。
さらに、目に良い栄養素を取ることも眼精疲労の改善に役立ちます。

 

食事を見直してみることも良いですし、目に良いとされる栄養素がしっかり凝縮されたサプリメントも、毎日無理なく目に良い成分を取り入れていくことができます。

まとめ

老眼は少しずつ進行していく傾向にあります。

 

工夫次第ではより進行を抑え快適な視界を保つことができますので、目が疲れる原因で思い当たる部分があれば見直してみましょう。