老眼 体験

MENU

老眼の体験談記事一覧

私が老眼を感じたのは、好きな小説を長時間読んだり、スマートフォンやタブレットを30分程度操作していると、何となく霞む感じがしたり、疲れやすくなったことがきっかけです。普段、運転の時に眼鏡をかけることはありました。また、家の中では眼鏡をかけて過ごすことはなく、テレビや新聞、雑誌など...

誰しも最初は自分が老化の象徴ともいえる老眼になったとは自覚したくないですし、若々しくいたいと感じるものです。実は私も周囲から歳をとったから文字が読みづらくなったのではと、指摘されるのが本当に嫌でした。そんな自尊心と長時間のデスクワークで、目が疲労しているせいだという思い込みもあり...

私は今50代半ばですが、高校生の時からずっと近視でメガネやコンタクトレンズを使用していました。子育て中はメガネを使用し、子育てが一段落した頃にコンタクトレンズに復活し、使い捨てコンタクトも使用していました。そして、近視の人は老眼にはならないと以前から聞いていたので安心をしていたの...

以前はそれ程目の見え方が気にならなかったのですが、ここ数年、近くの物が見えにくくなってきていました。自分としては実は認めたくなかったのですが、老眼の症状だと言うのは明らかでした。ただ病院に行って何かをすると言う前に、出来れば自分で何とかこの状態を改善したいと思った私は、以前から目...

私は若い頃から裸眼で目は良い方で、眼鏡もコンタクトにもお世話になったことがなかったです。しかし、40歳を過ぎた頃から、小さな字などがぼんやりとして見えます。よく目が良い人に多いといわれる若年の老眼が流行っているようです。私の場合はレース編みなどの手芸屋細かい作業をするのですぐに老...