スマホ老眼

MENU

スマホ老眼になる原因と改善方法

今、「スマホ老眼」と呼ばれている症状が話題となっています。

 

名前の通り、スマホを長時間使い続けている若い世代の人が、視力に異常を感じるようになってしまうというものです。

 

本来老眼は、40歳ごろから現れるものにも関わらず、スマホ老眼は20代~30代の人に出てしまっているのです。

 

ここでは、スマホ老眼の原因や改善方法についてご紹介します。

 

なぜスマホ老眼がおきてしまうのか?

スマホ老眼の原因は、スマートフォンを長時間見続けてしまうことで起きるのは間違いありません。

 

なぜ、長時間見続けると目に悪影響があるのでしょうか。
その理由は、目の調節力が低下してしまうということが原因となっているのです。

 

普段人は、ものを見る時に、そこにピントが合わさるように目の中の調整機能が働いています。
遠くを目線を移す場合と、近くのものを見る時、それぞれ目の使い方が変わっているのです。

 

近いものを見続けている状態で、急に遠くを見ようとしても、上手く見えません。
近くを見ている状態の時は、その間ずっと水晶体を膨らましているのです。

 

つまり、スマホを長時間見続けるということは、目の中の水晶体がずっと膨らんでいる状態ということになります。
当然目は疲れますし、近くにピントを合わせ続けています。

 

そうした状態から急に顔を上げて周りの景色を見ようとしても、焦点がすぐに定まらずに、一瞬見づらいと感じるようになるのです。

 

また、こうした調整緊張と呼ばれる状態が続くことで、調整力そのものが低下し、結果的に老眼のように、近くのものも見づらくなってしまいます。
これがスマホ老眼と呼ばれる症状なのです。

 

老眼とスマホ老眼の違い

スマホ老眼と普通の老眼では違いはあるのでしょうか。
実は、症状はほとんど同じです。

 

老眼は、加齢に伴い目の中の毛様体筋と呼ばれる筋肉の動きが衰えたり、水晶体に弾力がなくなり、目の調整力が落ちやすくなり、結果的にものが見づらくなってしまう症状です。

 

スマホ老眼も、ほぼこれと同じことが起きています。
近距離でスマホを見続けることにより、目の筋肉が緊張する状態が続いてしまい、目の中の筋肉が上手く動かないことで、ピントが合わせづらくなってしまいます。

 

ただ、違いとしては老眼はある程度の年齢になってしまったら、誰にでも起きてしまうものであり、その後も付き合い続けていかなければなりません。
一方スマホ老眼は、あくまでも一時的に生じているだけであり、ある程度の時間が経てば正常に戻ります。

 

ただ、そういったことを繰り返していく内に重症になってしまうことがありますので、注意しなければなりません。

 

スマホ老眼にならないための改善方法

実は、スマホを見続けることは、パソコンを見続けることよりも危険とされています。

 

厚生労働省の調査結果では、コンピューターを利用する労働者の9割以上の人が、目の不調を抱えているという結果となりました。
近年では、仕事上はパソコンが必須となっているため、それはある程度避けらません。

 

しかし、最近では、それに加えてプライベートでスマホを利用する人がほとんどなので、危険性が今まで以上に高くなっています。

 

なぜスマホがパソコンよりも危険なのかというと、小さな画面の中の小さな文字を凝視し続けること、そして画面から限りなく近い位置で見続けるためです。
そのため、より目にかかっている負担が大きいのです。

 

現代人は、もはやスマホは生活から切り離せないものになっていますので、使用を控えるといったことはできないでしょう

 

。可能な工夫として、例えば光の量を調整しできる限り暗くしたり、あるいは、寝る前の使用を控えるなど、できる限り利用時間を少なくする意識が大切です。

 

また別の方法でも、対策を考えなければなりません。

目のトレーニングでスマホ老眼を改善させる

目のトレーニングで、よく知られているのは、近くにペンを持ちながら、遠くの景色と一直線にし、ペンと遠くの景色を交互に見る方法です。
遠近両方の景色を見ることにより、目の中の筋肉の動きを鍛えるというものになります。

目にいい栄養成分をとる

こうしたトレーニングだけではなく、普段の食生活でも対策することができます。
目の健康によいと言われている栄養素があり、それらを含んだ食品やサプリを摂ることで、状態を良くするのに役立ちます。
有名なのが、ルテイン、アントシアニン、他にはビタミンです。スマホ老眼だけではなく、眼病全般の予防となります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

もし仕事でパソコンを使っている人であれば、朝から寝る直前まで、パソコンとスマホからブルーライトを浴び続けていることになります。

 

そういった生活をし続けた結果、生まれたのが、スマホ老眼という症状です。

 

もしかしたら新しい生活習慣病となってしまうかもしれません。

 

早めの対策が大切です。

 

この記事を読んで、少しでもスマホ老眼の改善のお役に立てたら幸いです。