老眼予防におすすめのサプリ

老眼を予防するためのサプリの選び方

老眼予防に良いとされているサプリメントは、数多く販売されています。

 

しかし単純に、価格が安いという理由で選んでしまうと、老眼予防に必要な栄養成分が含まれていないことも。
このような老眼サプリをいくら飲み続けても、老眼予防にはなりません。

 

ここでは、老眼予防に効果が期待できるサプリメントの選び方について解説しています。

 

老眼サプリの選び方で、外せないポイントが3つあります。

アントシアニンが配合されているものを選ぶ

アントシアニンには、目の毛細血管の血流を良くする働きがあるのです。
毛細血管の血流が良くなると、毛様体筋の緊張をほぐしてくれます。
その結果、老眼予防や眼精疲労の改善に繋がるのです。
アントシアニンは、ブルーべーリーよりもビルベリーに多く含まれています。

吸収率が高いものを選ぶ

単純にアントシアニンなど栄養素を摂るだけでは、老眼予防に対する効果はイマイチです。
アントシアニンは、体内に入ると酸化が進みやすく、体内に吸収される前に効果が失ってしまいます。
そのため量を多く摂るだけではなく、しっかりと吸収率が高いサプリを選ぶことが重要です。

品質・安全性の高いものを選ぶ

サプリメントは飲むものなので、なるべく国内工場による製造されているものを選ぶようにしましょう。

 

老眼の予防に有効とされている栄養素成分は次の通りです。

老眼予防に有効な栄養素成分

  • 【アントシアニン】

    視覚機能や眼精疲労の改善に効果があります

  • 【ルテイン】

    網膜の黄斑色素を増やす効果があります

  • 【イチョウ葉】

    毛細血管の血流改善に効果があります

  • 【アスタキサンチン】

    ピント調節機能の回復、白内障予防、老化防止に効果があります

  • 【メグスリノキ】

    眼病予防や肝臓機能を高める効果があります

  • 【EPA・DHA】

    ドライアイの改善に効果があります

  • 【ビタミンA】

    目の明るさ、角膜や網膜の健康を維持する効果があります

  • 【ビタミンC】

    水晶体の透明感を維持、全身の老化を防ぐ効果があります

  • 【ビタミンE】

    血液循環の促進、疲れ目の解消、細胞の老化を防ぐ効果があります

  • 【ビタミンB群】

    目の疲労回復、目の健康を守る効果があります

 

「めなり」と「えんきん」の成分含有量を比較

めなり

えんきん

ビルベリーエキス
(アントシアニン)

170mg 20mg
ルテイン 20mg 10mg
ゼアキサンチン 2.4mg
アスタキサンチン 1mg 4mg
その他の成分

クロセチン
Βカロテン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンE

シアニジン-3-グルコシド
DHA
黒大豆種皮エキス

返品保証

有:15日間返品保証

老眼予防にオススメのサプリランキング

めなり

めなりの特徴
めなり」は、アントシアニンの吸収率にこだわったサプリメントです。

 

ビルベリーはアメリカで特許を取得したものを配合し、通常のビルベリーよりも吸収率が203%も向上しています。
また、アントシアニンの持続力も通常のビルベリーエキスと比べて、2.5倍も高く時間が経っても効果性が高いのも特徴です。

 

今までビルベリーサプリを飲んでも、いまいち実感しなかった人にオススメです。

価格 初回価格907円(税抜)
評価 評価5
1日当たりの価格 初回:約30円/2回目以降:約99円
1日の摂取目安 2粒
アントシアニン
(ビルベリーエキス)
○:170mg
ルテイン ○:12mg
イチョウ葉
アスタキサンチン ○:1mg
メグスリノキ
EPA・DHA
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

ゼアキサンチン
亜鉛酵母
銅酵母
βカロテン

定期購入回数縛り なし:いつでも休止、解約可能
返金保証 ○:15日間安心返金保証

えんきん

えんきんの特徴
えんきん」は、手元のピント調節機能に優れたサプリメントです。

また、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

 

合成着色料、香料、保存料は無添加なので、安心して飲むことができます。

 

手元のピント調節がいまいちと感じている人におすすめのサプリメントです。

 

今ならお試しサンプルがもう1袋付いてくるキャンペーン実施中!

価格 初回お試し価格1,000円(税込)
評価 評価4
1日当たりの価格 初回:約36円
1日の摂取目安 2粒
アントシアニン
(ビルベリーエキス)
○:20mg
ルテイン ○:10mg
イチョウ葉
アスタキサンチン ○:4mg
メグスリノキ
EPA・DHA ○:50mg(DHA)
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

シアニジン-3-グルコシド
黒大豆種皮エキス

定期購入回数縛り なし:お試し版のためお一人様1個1回限り
返金保証 ○:返品、交換無期限保証付き

アサイベリープラチナアイ

アサイベリープラチナアイの特徴
アサイベリープラチナアイ」は、スーパーフルーツのアサイベリーと3つのベリーを配合したサプリメントです。

 

高い抗酸化力にさらにルテインを配合しているため、より目を守る効果が期待できます。

 

通常のブルーベリーサプリメントでは満足できない人におすすめです!
今ならずっと半額で購入できる安心コースが提供されています。

価格 初回2,300円(税込)
評価 評価4
1日当たりの価格 77円
1日の摂取目安 1粒
アントシアニン
(ビルベリーエキス)
ルテイン
イチョウ葉
アスタキサンチン
メグスリノキ
EPA・DHA
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンB群
その他の栄養素成分

ビルベリーエキス

赤ブドウエキス
カシスエキス

定期購入回数縛り なし
返金保証

めなりを試したので評価してみました

めなりを試したので評価してみました

眼科で老眼による眼精疲労と診断され、目の奥がズキズキと痛む日が続いていました。
少しでも老眼を改善したいと思い、選んだサプリメントが「めなり」です。

 

「めなり」には、効果性と独自技術が認められた特許取得ビルベリーエキスを使用しており、吸収率が通常の2倍ということだったので試してみることにしました。

「めなり」を飲みはじめて3日目に実感

「めなり」には眼にいい栄養素がたっぷり含まれている!

もともと期待せずに「めなり」を飲み続けていましたが、3日目にふと気づくと目の痛みが軽減されていたのです。

 

試しに飲むのを辞めたら、痛みがぶり返したので、慌てて飲み直したところ、やはり目の痛みが減りました。

 

またパソコン作業中は、目の負担を減らすために老眼鏡を掛けていましたが、「めなり」を飲むようになってからは老眼鏡は外しています。

 

意外と老眼鏡って長時間掛けていると酔ったりするので、外せただけでもかなり作業が楽になりました。

「めなり」は他のサプリメントと比較すると少し高いかも

「めなり」は、通常価格3,980円(税抜)で30日分となっています。
以前飲んでいた「えんきん」は通常価格2,000円(税抜)だったので、約2倍の価格差がありました。

 

しかし、「えんきん」にはビルベリーエキスが20mgに対して、「めなり」は170mg配合でその差は8倍以上。
「めなり」を飲んで実感を得た理由がこの差だと納得しました。

「めなり」は目に良い成分が豊富に含まれている

アントシアニンの吸収率が高い!

「めなり」に含まれている成分はブルベリーエキスだけではありません。

 

紫外線やブルーライトによるダメージから守る「ルテイン」や「ゼアキサンチン」。

 

ルテインの還元力を高める「クロセチン」など、目にいいとされる成分が配合されているのです。

「めなり」を飲み続けたら老眼鏡が不要になった

「めなり」を飲み始めて3週間ほど続けたら、老眼による眼精疲労が感じられなくなりました。

 

そのため、老眼鏡を使うこともなくなり、老眼鏡による不自由さから解放。趣味の読書も、苦痛をともなうことなく楽しく読むことができています。

「めなり」を定期購入にしたら安くなりました

「めなり」を定期購入することで、通常価格3,980円(税抜)が20%OFFの2,980円(税抜)で手に入れることができます。
とくに回数による縛りもないので、必要性がなくなればいつでも解約できるため安心です。

 

また初回に限り907円(税抜)で購入することができます。
さら15日間の返金保証があるので、「めなり」を飲んで実感がない場合は返品も可能です。

 

もし老眼による眼精疲労など、目の症状で悩んでいる人は一度試してみる価値ありです。

 

※15日間返金保証

老眼になる原因とは

老眼になる原因とは

老眼の原因は、『毛様体筋』の衰えと『水晶体』の弾力低下によるものです。

 

この2つの機能が衰えることで、近くのものにピントが合わない『老眼』の症状を引き起こします。

 

老眼の主な自覚症状
  • 近くの細かい文字が読みづらい
  • 近くのものがぼやけて見える
  • 少し遠くに離すと見える
  • 薄暗い場所だとよく見えない
  • 目がかすむことがある
  • 遠くから近くへとピントを合わせるのに時間がかかる

 

老眼を自覚する年齢は、平均で45歳くらいから気づく人が多いです。

 

じつは目のピント調整の低下は、10歳代から始まり徐々に進行しています。

 

ただし手元にあるものを見るために必要なピント調節力は、若いうちは十分にあるので何不自由なくピントを合わせることが可能です。

 

しかし45歳前後になると、手元を見るために必要なピント調節力が低下してしまうため、ピントが合わなく小さい文字が読みにくいといった症状が現れるのです。

 

その後も老眼の進行して、平均70歳頃で止まります。

老眼予防のために摂りたい栄養素

老眼を予防してくれる栄養素の特徴をまとめました。

アントシアニン

アントシアニンは、植物に含まれている天然色素であり、ポリフェノールの一種となります。

 

アントシアニンには、強い抗酸化作用と免疫力を向上させる作用があります。
そのため、老化防止や生活習慣病を予防する働きがあるのです。

 

とくに、目の健康を維持する働きが大きい特徴があります。
視神経の働きを支えているロドプシンと呼ばれる色素の再合成を促進させる働きがあります。
その結果、目の疲労回復や視力向上に効果を発揮するのです。

 

アントシアニンを多く含む食品がブルーベリーです。
ブルーベリーには15種類のアントシアニンが含まれています。

 

その中で一番含有量が高いのがビルベリーです。
サプリメントを選ぶときも、ブルーベリーエキスよりもビルベリーエキスを使用したものを選ぶといいでしょう。

ルテイン

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。

 

ルテインには、太陽光やパソコン、スマホなどから発するブルーライトから目を守る働きがあります。
ブルーライトを浴びると体内に活性酸素が発生します。
その活性酸素が目の黄斑部にある脂質を酸化させて、視力を低下させてしまうのです。

 

また、疫学調査でルテインを多く摂取することで、白内障や加齢黄斑変性の発生率の低減が認められています。
ルテインはとくに、光の中でも目に有害とされる青色光を吸収しながら、抗酸化作用を発揮して黄斑部の酸化を防ぐ作用があるのです。

 

老眼などを含め、目の病気は活性酸素による光老化が原因と考えられています。
そのため、目の健康を保つためにも、なるべくルテインも摂取することが望ましいといえます。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、ルテインなどと同じくカロテノイドと呼ばれる色素成分の一種です。

 

アスタキサンチンには、目の網膜や黄斑部に存在して、目の中にできた活性酸素を除去してくれます。
また、ピント調節機能の回復や、白内障および老化予防にも効果があります。

ビタミンA

ビタミンAは、化学名でレチノールとも呼ばれ、レバーやウナギなど動物性食品に含まれています。
また、カロテンは体内に吸収されると必要に応じてビタミンAに変わる特性があります。

 

ビタミンAには、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるため、感染症を予防する効果があるのです。
そして、ビタミンAは目が光を感じるのに必要なロドプシンという物質の主成分となります。

 

そのため、目の働きにも大きく影響を与える栄養素なのです。
とくに目の明るさ調整や目の疲れを回復する効果があります。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせない栄養素であり、血管や皮膚など健康を維持する働きがあります。

 

また、ビタミンCには抗酸化作用があり、全身の老化を防ぐ効果があります。

 

さらに、水晶体の透明感を維持する働きもあるのです。

ビタミンE

ビタミンEは、若返りのビタミンとも呼ばれ、各細胞の老化を防いだり、生活習慣病を予防する働きがあります。
また、血行を促し、性ホルモンの生成や分泌をサポートする役割もあるのです。

 

ビタミンEには、血液循環を促進させる効果があるので、疲れ目の解消にもつながります。

ビタミンB群

ビタミンB群は基本的な働きとして、目の疲労回復効果があります。
とくに、ビタミンB1を摂ることで、目の疲労回復のほかに疲れにくい目を維持してくれるのです。

 

そのほかに、摂りたいビタミンとしてビタミンB6も欠かせません。
ビタミンB6にはタンパク質や脂質の代謝をサポートする働きがあります。

 

老眼の原因とされる毛様体筋と水晶体の主成分は「タンパク質」です。
そのため、ビタミンB6はその代謝をサポートするので、老眼の解消には欠かせない栄養素となります。

老眼予防にオススメの食べ物

老化の原因とされているのが、『酸化』と『糖化』です。

 

老眼は老化現象の1つなので、体内の酸化と糖化を防ぐことが予防につながります。

 

酸化を防止するには、、『抗酸化作用』のある栄養素が含まれた食べ物を積極的に食べましょう。

抗酸化作用が強い食べ物

  • 蕎麦
  • ニンジン
  • トマト
  • ブロッコリー
  • ピーマン
  • リンゴ
  • ぶどう
  • アーモンド
  • 落花生

 

また糖化を防ぐには、食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれる食事に切替えるといいでしょう。

血糖値の上昇をゆっくりにする食事方法

  • 朝食を玄米グラノラや玄米フレークにする
  • 間食するときはナッツ類にする
  • 野菜を先に食べる
  • 夕食は20時までに済ませる
  • GI値の低い食品を選ぶ

生活習慣を見直して老眼対策をしよう

老眼は普段の生活習慣を見直すことで、症状を軽くしたり予防することができます。
ここでは簡単にできる老眼対策をご紹介します。

紫外線から目を守る

紫外線によるダメージは、目の老化を進めます。
強い紫外線を受けると肌が赤くなるように、目も真っ赤に充血してしまうのです。

 

とくに7~8月にかけて、紫外線が強く降り注ぐので、UVカットのサングラスを掛けて対策しましょう。
すでにメガネを掛けている人は、ツバの長い帽子やUVカット機能がついたメガネに買い換えることで紫外線対策ができます。

PCメガネでブルーライトから目を守る

スマホやパソコンなどから放出する『ブルーライト』は、紫外線並みに強いエネルギーを持っています。
そのため長時間、スマホやパソコンなどを見続けると眼精疲労や痛みといったダメージを受けてしまうのです。

 

このブルーライトから目を守る対策として、ブルーライトを防止する『PCメガネ』を使うようにしましょう。
とくに長時間パソコンの操作をするときに、このPCメガネを使用することで、疲れ目を軽減することができます。

 

最近では『スマホ老眼』と呼ばれる、若い人が老眼症状になってしまうケースが増えています。
老眼予防のために、なるべくPCメガネを掛けてスマホやパソコンを使うようにしましょう。

老眼の進行予防に老眼鏡をつくる

『老眼鏡』を掛けてしまうと、一気に老眼が進んでしまうという理由で、老眼鏡を敬遠している人がいます。
しかしこの考えは間違いなのです。

 

老眼鏡を掛けずに、近くの文字が見えにくいまま過ごしていると、目に大きな負担がかかってしまいます。
すると眼精疲労となり、老眼がさらに進行しやすい状態にしてしまうのです。

 

また見るのが辛いから、読書や手芸などを諦めて『見る』動作を減らしてしまうと、脳に影響を及ぼすこともあります。
人が得る情報の約8割が目からと言われいます。
そのため見ることを避けると、脳への刺激が多く減ってしまい、脳の老化を進んでしまうのです。

 

目に大きな負担を掛けないためにも、近くの文字が読みにくい場合は老眼鏡を作るようにしましょう。

老眼を予防するなら目のトレーニングを始めよう

老眼は、目の筋力が衰えることで始まります。
そのため目のトレーニングをすることで、目の筋肉が鍛えられて、老眼の予防や改善につながります。

 

なるべく毎日続けるのが理想なので、自分がやりやすいトレーニングから始めましょう。

老眼の予防にもなるウォーキング運動

ウォーキング運動は、体の健康を維持するほか、目の健康にも役立ちます。
ウォーキングをすることで、目への血流が良くなり、眼圧も下がります。

 

また肥満体質は、眼圧が高まりやすいというデータがあるそうです。
そのためウォーキングで、肥満を解消すると眼圧も安定し、老眼予防にもなります。

目に効くツボ押しで老眼予防

顔には、目に効くツボが多くあります。
ツボ押しをすることで、気と血の流れが良くなり、内臓や体の部位の働きを向上してくれるのです。

 

顔にある目に効くツボは6つあります。

  • 清明(せいめい)
  • 太陽(たいよう)
  • 顴髎(けんりょう)
  • 瞳子髎(どうしりょう)
  • 陽白(ようはく)
  • 四白(しはく)

 

ツボ押しのやり方は簡単。
軽く指を当てて、息を吐きながら3~5秒間ツボを押します。
そして息を吸いながらゆっくりと離す。
この動作を5回繰り返しましょう。

page top