老眼 年齢

老眼がはじまる年齢と原因・症状とは

人は様々な不調を感じることで、年をとったということを再確認していきます。

 

体が思うように動かない、持病をかかえるなど、どのような不調がでるかは、人によって違いますが、多くの人が年齢を感じるのは老眼です。

 

老眼は40歳頃からはじまり70歳前後で進行が終わります。

 

老眼になる原因

そもそも、目で物を見るというのは、対象となる物体から出ている反射光が眼に入り、網膜で像を結ばれ、視神経で感知し、脳に伝わるという流れになっています。

 

この流れで重要になってくるのは目に入った反射光が網膜で像を結ぶという部分です。

 

光がまっすぐ進んで網膜に届くのではなく、目に入るとき水晶体というレンズの役割をする部分を通すことで、うまく網膜で光が収束するように調節しているからです。

 

遠くを見る時と、近くを見る時では、反射光の入り具合が異なるわけですから、当然のこと水晶体の厚さを変えて調節していくことになります。

 

遠くのものを見るときには、水晶体は厚く、近くのものを見るときには水晶体は薄くなるのです。
この水晶体の厚さを調節を行うのが、毛様体筋という筋肉です。

 

ところが、この調節機能を司る毛様体筋が、手足の筋肉同様に衰えてしてまうで、調節機能が上手く機能しなくなります。
カメラであれば、レンズが上手く調節をできなければ、ピンぼけの状態になり、物をぼんやりとしか見ることができなくなります。

 

しかも、水晶体自体の柔軟性も、年齢を重ねるごとに落ちていくので、更に調節がしにくくなります。

 

近視の人は老眼にはならない、という話がまことしやかに流れていますが、それは誤りです。
人間は、誰もが老化現象から逃れる事はできず、ただ近眼だと元から見えにくいので自覚しにくいというだけです。

 

スマホ老眼の流行

最近では、小さい頃からデジタル機器が普及してきているために、老眼になる年齢も変わりつつあります。
というのも、パソコンやスマホの画面を見ていると、集中して物を見るようになり、目の乾き、いわゆるドライアイを引き起こしやすくなります。

 

それに、スマホの操作をするときに、物を間近で見るような習慣が身についてしまうと、強い光が眼に入り続けることになります。
これは目の虹彩に大きな負担をかけるのです。

 

このように目を酷使する状況が日頃から続くことで、目の老化が早まるのです。

 

これをスマホ老眼と呼びます。

 

老眼は自律神経にも影響する

あまりに負担が掛かり過ぎる状態が続けば、虹彩や毛様体筋を司る自律神経にも影響が出てきます。

 

自律神経の乱れというのは、頭痛や吐き気、不眠などの症状を引き起こすことになりますから、日常生活にも支障を来す恐れがあります。

まとめ

老眼や自律神経の乱れを引き起こさないためにも、眼に負担をかけるような生活はやめるべきです。

 

特にスマホなどデジタル機器を扱うときには、眼から出来るだけ遠ざけることと、長時間の作業は避けることは意識してやるようにしましょう。

page top