老眼 初期症状

老眼の初期症状をチェック!すぐできる予防対策とは

年齢を重ねていくと、誰もが老眼になってしまう可能性があります。

 

ある日都突然になるものではなく、徐々に視界がぼやけたり、ピント調節が難しくなってくるのです。
そのため、自分が老眼になってきていることをなかなか気づくことができません。

 

老眼になる年齢は40歳前後といわれています。
まずは、老眼の初期症状を把握してチェックしてみることからはじめてみましょう。

 

ここでは、老眼の初期症状と予防対策についてご紹介します。

 

老眼は40歳頃から進行する

目の不調は、わりと早い段階で訪れます。
それこそ最近では、スマホやパソコンが生活必需品となり、現代人はより眼を酷使するようになりました。

 

老眼は、視力の良し悪しに関わらず、40歳頃からだんだんと症状が現れるようになります。
そしてこの頃から、視界の距離感が合わなくなったり、少し見えづらくなってきたと感じるようになるのです。

 

老眼の初期症状はさまざま

老眼の初期症状で一番わかりやすのが、文字を見る時です。
たとえば、本や詩文を読む時に、自分の目と本の距離が30cm以上を離すようにして読んでいると老眼が進行している可能性があります。
実は、老眼を感じたきっかけのアンケートでは、「文字が見えづらくなったとき」との回答数が半分以上でした。

 

他にも老眼を疑うべき症状があります。

夕方になると視界が悪くなる

代表的な例が、夕方頃になると視界が少し見えづらくなるということです。

 

この症状は、日が落ちて周りが徐々に暗くなるのですが、老眼になると目がその暗くなっていく速度にについてけなくなります。
その原因は、老眼の進行によって目の中の光の屈折が上手く機能していないからです。

ピント調整がすぐにできない

ピントが合うまでに時間がかかるようになったというのも、老眼の初期症状の一つです。
これは、焦点を定めるのに時間がかかるようになってしまい、視界がぼやけたままなかなかクリアな視界にならないという現象となります。

 

老眼が進行するとほかの症状も誘発される

また、目に起きる異常だけではありません。
老眼は、「肩コリ」や「頭痛」を誘発します。

 

普通は、目と結び付けて考える人は少ないのですが、実は密接に関係しております。

 

もしあなたが最近肩コリや頭痛がひどくなったと感じているのであれば、少し疑った方がよいかもしれません。
これらは、早ければ40歳より前に始まってしまいます。

 

先述したように、近年はスマホやパソコンを長時間見る人が多くなっているため、老眼が始まる時期もかつてより速くなっていると言われております。

 

老眼を進行させないためには早めの対策が重要

もし、自分が老眼だと自覚したら、その後はどのように過ごせばよいのでしょうか。

 

視界が見えにくいだけなので、我慢してしまう人が多くいます。
しかし、それは余計に目を酷使していることになるので、余計に症状を進行させることになります。

 

また、目のだけではなく、他の部位の体調が悪化することもあります。
そのため、自分で症状を自覚したのであれば、早めの対策が必要です。

 

そこでお薦めの方法をいくつか紹介いたします。

老眼鏡を使用する

一番有効な手段は、やはり眼鏡です。
遠近両用のものを利用することで目に負担をかけることなく、視界を見えやすくすることができます。

 

実は、老眼の初期症状の段階では、目の中の毛様体筋が無理をしている状態なので、過剰な負担がかかっていることになります。
そんな状態が続いてしまうと、体調を崩しやすくもなります。

 

早めに遠近両用レンズに切り替え、眼の負担をできるだけ軽減できるように心掛けましょう。

目をきちんと休ませる

また、目を休めるということも重要な要素です。

 

繰り返しになりますが、最近の人はとにかく目を酷使しております。
パソコン、スマホ、テレビなど、ブルーライトを浴びている時間が長すぎるのです。

 

一日のうち、パソコンなどから離れる時間を意識的につくり、蒸しタオルなどを目にあてるなど、目を一時的に休めるといった工夫が必要となります。

目のストレッチを定期的におこなう

目のストレッチや体操をするということも有効な手段です。

 

方法はいくつかあるのですが、遠近にあるものの焦点を合わせるものや、目をぐるぐる回すなどの簡単な方法です。
疲れない程度に行ってみましょう。

サプリメントで目に栄養素を届ける

他にも、最近では、老眼に効くサプリメントなども発売されております。
目によいとされる栄養素を摂ることも大切です。

 

とくに「アントシアニン」という成分が非常に効果的です。

 

これはブルーベリーやカシスの色素に豊富に含まれている成分で、老化減少を抑える働きがあります。
アントシアニンの効果が認められたサプリメントの詳細はコチラをクリック

まとめ

何となく視力が悪くなったなぁと、初期状態で気付くことができればよいのですが、自覚するのが遅ければ遅いほど、症状は悪化する方向に進行してしまいます。

 

もし見え方に違和感を感じ始めた場合は、まず老眼かどうか確認しましょう。
老眼は早めに気付くことが何より大切です。

 

この記事を読んで、少しでも老眼による初期症状対策のお役に立てたら幸いです。

page top