目 老化

目の老化を防ぐための新常識とは

当たり前と思っていた目の症状や健康管理方法など、医療研究の発達によって実は間違っているもあったりします。
ここでは、目の老化を防ぐための新常識についてご紹介していきます。

かすみ目や視力の低下は老眼のせいだけではない

40歳を過ぎると、目のかすみや近くの文字が見づらいなどの症状をとくに感じやすくなります。
とくに40歳代であれば、このような症状を体験すると必ずといっていいほど「老眼」と判断する人が多いです。

 

確かに大抵の場合は、老眼による症状が多いです。
しかし、目のかすみや視力の変化などの症状は、老眼に限ったことではありません。

 

老眼以外にも、目の病気によって似た症状を起こすものもあるのです。
老眼だからと何でも軽くみていると、眼病の早期発見に遅れるケースも出てきます。

 

手遅れになる前に、目の調子がいつもと違い違和感を感じたら、まずは眼科にいってきちんと診断してもらうようにしましょう。

目が乾くだけがドライアイの症状ではない

ドライアイの症状は、「目が乾く」というだけではないのです。
ドライアイには、視力の低下や、頭痛に吐き気など、目だけでなく全身の症状に影響をおよぼすこともあります。

 

症状が酷い場合は、一度眼科でしっかりと検査をしてもい、治療をおこなうことで、正常な視力を取り戻すことも可能です。

近視は老眼にならない

近視は老眼にならないと思い込んでいる人がいます。
しかし、これは正しい情報ではありません。

 

老眼は、目の老化によって引き起こされるため、見え方が異なりますが、近視の人でも老眼にはなります。
近視だから安心せずに、日頃から老眼に対しての予防対策をしっかりとおこないましょう。

老眼鏡をかけると老眼が進む

老眼鏡をかけると老眼が進むといったことも信じている人がいるかもしれません。

 

老眼鏡をかけることで目に対する負担が抑えられるので、老眼の進行をある程度抑えてくれる効果があります。
逆に、老眼鏡を掛けずにムリに目を酷使していると、普段以上に老眼の進行が早まるケースもあるのです。

 

また、老眼鏡はきちんとメガネショップで作ることで、目の負担を減らすことができます。
安いからと100円ショップで売られている老眼鏡で過ごすことは避けましょう。

まとめ

目の老化にまつわる新常識についてお伝えしました。
中には、間違ってことをずっと信じていた常識もあったかもしれません。

 

老眼を予防するには、まず自分で勝手に判断しないことが大切です。

 

また、老眼が始まる年代になってたら、目の定期検査も受けるようにしましょう。
目の病気は、深刻化するまで症状があらわれないものがあるのです。

 

健康診断のように、半年または1年に1回受けると眼病予防につながるのでオススメです。

page top