老眼とは

老眼とは?老眼の特徴とメカニズム

老眼と遠視を同じものと考えてしまう人が多いのですが、厳密に言うとまったく異なるものです。

 

老眼は、将来的に誰にでも起きる可能性がある現象であり、それがいつ頃自分の身に起きるのか、誰にもわかりません。

 

だからこそ、「もしかしてこれは老眼?」と自分で気付けるように、その特徴や症状をしっかりと把握しておきましょう。

 

ここでは、老眼の基礎知識についてご紹介します。

 

なぜ老眼になってしまうのか

そもそも、なぜ老眼になってしまうのでしょうか。
これは加齢とともに防ぎようがない症状なのか気になるところです。

 

人間がものを見るときは、目に入ってきた光が、「角膜」を通じて屈折させます。
その次に、「瞳孔」を通り水晶体で光を屈折させます。
そして最後に眼の奥の「網膜」に像が映し出されるという仕組みになっております。

 

水晶体がレンズを、網膜がフィルムの役割をしていると考えれば分かりやすいでしょう。

 

実は、網膜には水晶体の厚さを調整するという仕組みがあります。
これにより、像を映し出すときに、対象物との距離によって光が適度に屈折され、きちんと見えるようになるのです。
そして、この水晶体の厚さの調整は、「毛様体筋」と「チン氏帯」と呼ばれる二つの筋肉が伸縮することで行われております。

 

しかし、この筋肉の動きが、加齢とともにスムーズに行えなくなってしまいます。
これは、水晶体に弾力性がなくなってしまい、硬くなり膨らみづらくなってしまうからです。

 

さきほど述べた二つの筋肉が加齢とともに衰えてしまうことで、水晶体が膨らまず、網膜にピントが合わなくなり、老眼になってしまうのです。

 

また、虹彩と呼ばれる筋肉の働き方も変わってきます。
虹彩は瞳孔の周りにある筋肉であり、これはカメラでいう絞りの機能を果たします。
つまり、瞳孔の大きさを変え、入ってくる光の量を調整するという役割があるのです。

 

これもまた、加齢とともに縮小し、文字が読みにくくなったりしてしまうのです。

 

老眼と遠視との違い

先ほども述べたように、遠視とどんな違いがあるのか説明していきます。

 

老眼とは、加齢に伴って生じるものであり、近いところを見るための目の調節機能が、だんだんとうまく働かなくなる現象のことを言います。
一方、遠視は遠くを見る際の光の屈折に異常が生じるものとなります。

 

老眼は、老化によって目のレンズの役割を担っている水晶体の弾力が弱まり、近くのものを見る時のピンと調節がうまく合わせられなくなります。
それに対して、遠視は光の屈折がうまくいかないため、遠くも近くも見えにくくなります。

 

通常よりピントを合わせなければなりませんので、余計に目が疲れてしまいます。

 

どちらも見えにくいという点では同じなのですが、近くのものが見えにくいのが老眼、遠くでも近くでもぼやけてしまうので遠視と覚えておきましょう。

 

どちらも、肩こりや目の疲れ、あるいは頭痛・吐き気など、体調不良の原因となることもあります。

 

また、遠視については、子供でもなる可能性があります。
ただ、子供のころは調整力が強いため、表向きにはそこまで症状が現れず、気付くことが少ないのですが、年齢を重ねていくとともに症状として現れます。

 

目の調整を必要とするため、目が疲れやすく、集中力が下がったり、視力の発達がとまって、弱視になったりすることもあります。

 

老眼を放っておくと引き起こる症状

自分の眼に起きている現象が老眼だと気付いたとしても、そのまま放置してしまう人もいらっしゃいます。
そのような場合、どんなことが身に起きるのでしょうか。

 

まずは、「眼精疲労」です。
眼の調整機能が上手くいっていない状態で酷使すると、より眼に負担がかかり、それに伴い脳も疲労します。
これが、「肩こり」や「頭痛」、「吐き気」などにも繋がってしまいます。

 

失明したり白内障になったりといった危険性はありませんが、生活をしていく中で、ストレスを抱えてしまう原因となってしまうので、早めの対策が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

老眼は、早い人は40歳前後からなることもあり、眼精疲労だと思って医者に診てもらい、そこでようやく老眼と気付く人もいます。

 

平均では45歳前後から見え方に変化が生じてきて、60歳前後で視力が安定します。

 

少しでも老眼かなと感じたら眼科で一度検査をしてもらうようにしましょう。

 

老眼は、加齢とともにどうしても避けられないものではありますので、うまく付き合っていかなければなりません。

 

まずは症状を自覚すること、そして自分にあった眼鏡を使用することがとても大切です。

 

また最近では、老眼予防のサプリメントなどが販売されており、老眼そのものにならないようにする方法も出てきております。

 

いつまでも綺麗な視界を見続けていられるように、老眼とは何かということをしっかりと理解し、早めに対策をしていきましょう。

page top