老眼 目薬

目薬で老眼予防をして進行を防ぐ

誰もが歳を重ねていくごとに、身体にさまざまな障害が出てきます。
その一つに、老眼があります。

 

老眼は、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる目に起こる老化現象です。
近視・近眼の人もなり、遠視の人ほど早くなると言われています。

 

近いところが見えにくくなるという症状が、若い世代にも見られるようになってきています。

 

この原因は、四六時中、スマホやパソコン、ゲームなどで目を酷使しているからです。

 

日が落ちて薄暗くなる夕方になると、このような症状になり、「スマホ老眼」と呼ばれています。

 

老眼の予防方法

予防方法としては、毎日の食事に眼に良いとされている栄養素を積極的に摂ることも大事です。

 

視力アップや眼精疲労に効果のあるアントシアニンを含むブルーベリーは、目に良いとされる代表食品です。

 

老眼の進行を早める眼精疲労にならないように、心がけることが予防に最も大事なことです。

 

デスクワークの仕事でパソコンを長時間行わず、眼を休ませるようにすることです。

 

遠くを見たり、温かいタオルを眼にあてるなどして、眼の疲れを取るようにしましょう。

 

目薬の効果

そして目の疲れを感じたら、目薬をさすことです。

 

疲労回復効果のある目薬を定期的にさすことで、疲れも和らぎます。

 

目薬は、各社から色々種類が出ていますので、人気の高い効果が期待できるものを選んで使ってみるのがおすすめです。

 

注意したいのが、さし過ぎです。
気持ちよいからといって、決められた以上にさすことで、角膜を傷めることにもなりかねません。

 

必ず、決められた回数を守るようにしましょう。

 

眼精疲労を取る目薬をさす他に、目の運動もすると疲労回復になります。

 

左右上下に眼球を動かしたり、遠くを見たら近くを見るを繰り返すのも効果的です。

 

この運動を、デスクワークの合間に行うことを習慣化するといいでしょう。

 

目の疲れは、肩こりや頭痛も引き起こします。
そうならないためにも、眼精疲労にならないようにすることが一番です。

 

日々のちょっとした心がけで、予防できるのです。

 

紫外線にも注意

目に悪いものに、紫外線もあります。

 

特に日差しの強い夏は、サングラスをかけることも目を守るためには重要なことです。

 

サングラスに帽子、日傘を使えば、紫外線からの影響も和らげることができます。

 

目に良い食事、定期的な目の運動、疲労回復に効果のある目薬をさして、紫外線防止に努めることで、目の老化現象も遅くすることができるのです。

 

老眼の仕組み

目を酷使しますと、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、うまく調整ができなくなってしまいます。

 

歳をとることで、この毛様体筋と眼のレンズの役割をしている「水晶体」の機能が衰え、見づらくなります。

 

目は、近くを見るとき水晶体を厚くしてピントを合わせ、反対に遠くを見るときは水晶体を薄くしてピントを合わせます。

 

水晶体の弾力性が低下すると、毛様体筋が水晶体の厚さを調整しようとしても厚くすることができないため、近くにピントが合わなくなり、近くが見づらくなるのが老眼です。

 

老眼の治療方法

治療には、レーザーを使って眼球の外側にある透明の角膜を薄く削り、光の屈折力を調整することで視力を回復するレーシック手術があります。

 

その他に、アキュフォーカスリングを角膜実質内に挿入する手術などもあり、どの治療をするかは医師と相談して進めるのがいいでしょう。

まとめ

シニアグラスを使うことなく、新聞や本が読めればうれしいものです。

 

自分の目で文字が読めることは、人生を豊かにしてくれます。

 

いつかは目に訪れる老化現象も、目に優しい行いを日々続けていることで和らぐことでしょう。

 

寿命も80歳以上になり、いつまでも元気で生活していきたいと願うのは皆一緒です。

 

自分の心がけ次第で、健康な身体づくりはできるものです。

 

読書や映画を楽しみながら、幸せな人生を送りたいものです。

page top