老眼 めまい

老眼でめまいが起きてしまう原因と解消方法

「めまいが頻繁に起きるようになった」
こんな症状で悩んでいませんか?

 

耳鼻科などで検査しても異常がなければ、「老眼」によって引き起こされためまいかもしれません。

 

ここでは、老眼でめまいが起きてしまう原因と解消方法についてご紹介します。

老眼になってしまう原因

老眼は加齢に伴い、おこる目の症状の一つです。
原因としては、目のレンズの役割をしている水晶体が加齢と共に機能しにくくなり、弾力性がなくなることがあげられます。

 

弾力性がなくなるとピントを合わせることが難しくなるため、見にくくなります。
特に近くにピントが合わなくなり、少し離してみないと見えません。

 

薬の瓶に書いてある説明書や新聞などの細かい字を読むときは、とくに見にくくなります。
また、近くだけでなく遠くも見えにくくなるのが特徴です。

 

老眼の主な症状は次の通りです。

  • 眼が疲れやすくなった
  • 目を細めて物を見ている
  • 薄暗い場所は特に見えない
  • 夕方になるにつれ物がかすんで見えたり
  • 見えにくくなる
  • 物が二重に見える
  • 肩こりや頭痛がひどい
  • 吐き気がする

老眼の根本的な原因は、水晶体の老化が原因であるので、解消するには、これ以上進行させないための老化防止しかありません。

 

また、老眼とわりきって、老眼鏡や遠近両用眼鏡、老眼用コンタクトレンズを使用して矯正するのもひとつの手です。

老眼が悪化するとめまいが起きる

老眼の場合、見にくさと同時に身体的にも症状が出ることがあります。

 

「肩こり」や「頭痛」は、見づらい文字などを何とか見ようとするため、筋肉がこわばるために起こります。
このような症状が続くと、「吐き気」や「めまい」を引き起こすこともあるのです。

 

このような時は、老眼が進行して目にに負担がかかっている状態なので、一度眼科で検査してもらうといいでしょう。

 

老眼によるめまいなどの症状を軽減させるには、老眼予防となる対策をおこなうことが重要です。

食生活を整えて老眼を予防する

老眼予防にいいとされる栄養素がブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」です。
アントシアニンはフラボノイドの一種で、視力の回復や老化の進行を抑える抗酸化作用の働きがあります。

 

その他の成分として、「ルテイン」やビタミン類も、老化予防に欠かせない栄養として知られています。

 

まずは、積極的にこれらの栄養素を毎日摂取する食生活を心がけてみましょう。

 

もし苦手な食べ物や、少食であまり量をとることができない場合は、サプリメントを上手に活用して栄養素を補ってください。

生活習慣を整えて老眼を予防する

生活習慣の中にも目を酷使して老眼の進行を進めてしまうことがあります。

 

そのため次のような対策が重要です。

  • パソコンやスマホを長時間使用しない
  • 強い紫外線や赤外線にあたらないようにする
  • 眼球を動かし、近くを見たり遠くを見たりといった運動を行う

眼精疲労になると、見えにくい状態続き、紫外線や赤外線に当たると、瞳孔が開きやすくなってしまいます。

 

そのため、目を休ませる、温かいタオルを目にあてる、外出する時はサングラスや保護眼鏡をするという対策が大切です。

 

なお、サングラスは色の濃い物より、UV加工のあるものの方が効果があがります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

老眼は放置しつづけると、重い症状を引き起こす原因となります。
一番効果的な予防方法はアントシアニンやルテインなどの栄養素をしっかりととり、体内から改善するです。

 

老眼が進行しないようしっかりと予防していきましょう。

 

この記事を読んで、少しでも老眼によるめまい対策のお役に立てたら幸いです。

 

page top