老眼 肩こり

老眼による肩こりが起きる原因と解消方法

老眼とは人間の老化現象のひとつです。

 

老化によって目の全体の機能が低下してしまい、目の血流も悪くなってしまっています。

 

老眼から引き起こる肩こり

血流が悪くなってしまっていることも、肩こりの発生に影響をしていると言えるでしょう。

 

目が見えづらくなり、ものを書くときに手元がよく見えないので姿勢が悪くなってしまい、それが肩こり発生への悪影響を与えています。

 

パソコンや携帯電話、スマートフォンの画面などを長時間見続けてしまうと、どんな年代の人間でも眼精疲労を起こしやすくなります。

 

それを予防するためには、一時間に一回は目の運動や目を休めるようにこころがけましょう。

 

老化現象による目の衰え

老化現象により水晶体には弾力性がなくなって硬くなってしまい、膨らみ辛くなります。

 

 

また筋肉も加齢とともに衰えていきますので、さらに水晶体は膨らみにくくなり、網膜にピントが合いづらくなり近くが見えづらくなります。

 

目の周りの筋肉は、他の部位の筋肉を同じように鍛えることが出来ますので、目の周りの筋肉を鍛えることによって老化現象を食い止めること、症状を改善することは可能です。

 

個人差はありますが、主な症状は小さな文字が読みにくくなる、手元が見えづらいので作業がしにくくなる、物がかすみがかかったようになって見えづらくなる、光がまぶしく感じる、目がいつも以上に疲れた感じがする、目の奥が重いなどがあげられます。

 

老眼に気付いた時ですが、初期の状態であれば無理をすれば見えないこともないため、とくに治療をせずに無理をし続けてしまうと、眼精疲労が原因の頭痛や肩こり、さらに酷くなると吐き気などの症状を引き起こすことがあります。

 

老眼のメカニズム

人間がものを見るときには、まずは光が角膜(レンズのような役割)に入り、光を屈折させます。
次に瞳孔を通り、さらに水晶体で光を屈折させ、最後に目の置くの網膜に映し出される仕組みです。

 

網膜にきちんとものを映すために、見るものとの距離によって光が水晶体で屈折されるように、水晶体の厚みを調節する仕組みが存在しています。

 

その水晶体の厚さの調整とは、水晶体のまわりにある筋肉がそれぞれに伸びたり縮んだりして厚みを変えています。

 

近くを見るときには水晶体を分厚く膨らませて屈折を大きくします。
逆に遠くを見るときには、水晶体を薄くして屈折を小さくしているのです。

 

老眼はこの一連のはたらきがスムーズに行われなくなってしまう状態のことをいいます。

 

老眼対策

老眼かなと思ったときは眼科を診察することが重要です。

 

何故かというと老眼ではなく、実は目の病気による症状だったという可能性も捨てきれないからです。
原因がわかれば、精神的にも安心できるのでおすすめです。

 

老眼であればそれに合った眼鏡やコンタクトを使用することによって症状を改善することが出来ます。

 

またストレッチや目の周りの筋肉を鍛えることによって、症状を緩和することも可能です。
また肩こりが酷いときはマッサージ屋でマッサージをしてもらったりすると、目の症状も楽になることがあります。

page top