老眼チェック

簡単!老眼チェックを自分でする3つの方法

最近、文字がぼやけてる
小さい文字が見にくい
ピントが合わせにくい
こんな悩みをもっていませんか?

 

その症状は老眼が始まっているサインかもしれません。

 

今回は、自分で確認できる老眼チェック方法をご紹介します。

 

【老眼チェック①】
指先でチェックする近点距離

老眼かどうか判断するチェック方法として、近点距離を測る方法があります。

 

この「近点」とは、一番近くでピントが合うところと覚えてください。

 

やり方はとても簡単です。

  1. 目の前に人差し指の指紋が見える向きでかざします。
  2. 人差し指の手前から奥へ徐々に離してきます。
  3. 人差し指の指紋がハッキリと見えた指を止めてください。
  4. スタートした位置から指を止めた位置までの距離を測ります。

上記で測った距離が「近点距離」となります。

 

この距離が30cm以上離れていると老眼と呼ばれるようになります。

 

【老眼チェック②】
老眼度数自己診断表でチェック

メガネストアなどで利用される老眼度数自己診断表でチェックする方法があります。

 

まずはペーパーグラスメーカーのサイトで、「老眼度数自己診断表」をダウンロードできるのでプリンターで印刷してチェックしてみましょう。
出典:ペーパーグラス:「簡単老眼鏡度数チェックシート(印刷用:A4)

 

また、老眼の初期症状について下記にまとめてみました。

 

下記の項目でひとつでも当てはまる項目があった場合は、老眼の可能性が高いです。

30cm以上離しても、新聞の文字がぼやける
頭痛の回数が多くなった
肩がこりやすくなった
近いところを見続けると目がかすむ
近くところから遠いところを見るとき、すぐにピントが合わない
年齢が40歳を超えている
小さい文字が読みづらい
スマホで文字を打つとき、何度も打ち間違えをしてします

 

【老眼チェック③】
パソコンで老眼チェックを利用する

最近ではパソコン上でも老眼チェックができるようになりました。

 

簡易的なものではありますが、簡単にチェックできるので利用してみてください。

 

ここではメガネスーパーが制作した、「オンライン老眼チェック」をご紹介します。
出典:メガネスーパー:「オンライン老眼チェック

 

出題される質問事項に答えていくだけで老眼かどうか判断してくれます。
診断結果は数パターンあり、簡単なアドバイスもくれるので今後の対策に役に立つでしょう。

 

軽度の老眼なら進行を抑えることが可能

老眼は老化現象のひとつなので、始まってしまうとピークである65歳前後まで進行は止まりません。
しかし、年齢の割には見た目が若い人がいるように、老眼も実年齢より進行を遅らせることができます。

 

老化を防止するには、老化を促してしまう活性酸素を減らすことが大切です。
活性酸素を減らすには、抗酸化作用のある食べ物を毎日食べることで予防ができます。

 

例えば、ワインや葡萄などに含まれる「ポリフェノール」などが有名です。

 

しかし最近では「ルテイン」という成分も抗酸化作用があり老眼にいいとされています。
ルテインは、ほうれん草などに含まれているので、毎日食べることをオススメします。

 

毎日続けるには大変...と思ったあなたに

ほうれん草などの野菜類は季節によって値段が変動しやすく、意外と高い値段だったりします。
しかも、毎日食べるとなると、飽きないための料理方法を色々工夫する必要があります。

 

そういった工夫が得意な人もいれば、一方では苦手な人もいるでしょう。

 

その場合は、サプリメントで栄養素を補う方法もあります。
食材からルテインをとっても、食べ合わせによっては吸収率が悪く効果が実感しにくいこともあります。

 

その点、サプリメントであればコストも安く、ルテインも効率よく摂取することが可能です。

 

とくにオススメなのが、ルテインの吸収率がとても高い「めなり」というサプリメントです。
オススメの理由は、研究結果でアントシアニンとルテインの効果を実証しているサプリだからです。

 

1日1粒飲むだけでルテインやアントシアニンなどの抗酸化作用がある栄養素を効率よく摂取することができます。
そのため、普段の食品からとる栄養素よりも吸収率が高いので、老眼によるめまいの症状に対する改善スピードも早くなります。

 

少しでも早く症状を改善したい人、または老眼によるめまいを予防したい人にオススメのサプリメントです。
さらに今なら、77%オフの特別キャンペーンを行っているので、お得な価格で試すことができます。
「めなり」の特別キャンペーンはコチラ

 

まとめ

上記の症状チェックを行い少しでも引っかかってしまった場合は老眼の恐れがあります。

 

単純に老眼だからといって老眼鏡を掛けるだけの対策だけでは不十分です。

 

軽い老眼であれば自分で改善させる方法もあります。

 

自分でセルフケアする方法については「老眼を回復させる3つの改善方法」の記事でさらに詳しく解説していますので、良かったら合わせてご参照ください。

page top