老眼 遠視

老眼と遠視の症状による違いとは?

よく「老眼」と「遠視」をごっちゃにして考えてしまう人がいます。
もちろん両者はそれぞれ違った症状です。

 

分かりやすく言うと、老眼は近いものが見えなくなるもの、それに対して遠視は、遠くのものも近くのものも見えづらくなる症状となります。

 

ここでは、老眼と遠視はどんな経緯でなってしまうのか、矯正することはできるのか、詳しく説明していきたいと思います。

 

老眼や遠視になる理由

まずはそれぞれの仕組みから解説していきたいと思います。

老眼の原因

まずは老眼です。

 

これは加齢に伴って起きてします現象なのですが、それは眼の中である変化が起きているからです。

 

40歳ごろから、眼の中には水晶体と呼ばれる部分の弾力性が低下したり、それを支えている毛様体筋の力が衰えたりするのです。
それに伴って、網膜でピントを合わせることができなくなり、視界がぼやけてしまうようになります。

 

つまり、調節機能が低下するということになります。

遠視の原因

では遠視とはどういうものなのでしょうか。

 

中には、遠くが見えるよい眼のことだと勘違いする人もおりますが、実際は違います。
これは、眼の屈折状態として遠くにも近くにもピントがあっていない状態なのです。

 

本来は、眼の中の水晶体という部分がレンズの働きをする部分が、厚みを増し像を結ばれる位置をずらしてピントを合わせる調節機能があります。
近いものも遠いものもしっかりと見ることができるというわけです。

 

しかし、調節機能が年齢とともに衰えやすくなってしまい、徐々にピントが合わなくなります。

 

遠視の人は、正視や近視の人よりも調節力を必要とするので、より眼の衰えを感じてしまいやすくなります。

 

老眼や遠視による症状の現れ方

どちらも、症状が現れる段階があります。

 

両方とも40歳前後からはじまり、その頃から徐々に見え方が変わってきます。
それがしばらく続き60歳ごろには、その症状が安定します。

 

つまり、変化を感じるようになる期間が40歳ごろから60歳ごろの間となります。

老眼の症状

老眼は、まず目がかすんでものが見えにくくなります。
ただ、これは若い人であっても、少し調子が悪ければ目がかすんでしまったり、ぼやけたりすることもあるので、それが老眼によるものとは気付きにくいのです。

 

また他にも、目が疲れやすくなるということもあります。
これは、ピントを合わせるのに、無意識に目が無理をしている状態なので、いつの間にか目の疲労が溜まってしまうのです。

 

他にも、見えにくい状態のまま酷使することで、肩コリや頭痛が起きやすくなります。
目は脳と繋がっていると言われており、脳から十分な血液が流れなくなって、肩コリや頭痛の原因となってしまうのです。

遠視の症状

一方遠視でも似たような症状が現れます。

 

やはりこちらも調節機能が上手くいっていないため、目が疲れやすい状態になってしまいます。
眼精疲労や、頭痛、眼痛といった症状も起きますし、子供によっては集中力を欠いてしまうこともあります。

 

特に遠視は子供の頃からも現れる症状なので、もし子供が従業に集中しなくなった、何をやらせても落ち着きがないという状態になったのであれば、視界が見えづらい状態になっていないか確認しましょう。

 

老眼や遠視はどうやって治療するのか

どちらも治療する方法はあるのでしょうか。
厳密に言うと、完治させる方法はありません。

 

そのため、見え方を良くするために、「眼鏡」や「コンタクトレンズ」による矯正が一番適した手段となります。
遠近両用レンズに変えてみたり、老眼用の眼鏡にすることで、目に対しての負担を軽減し、症状が悪化すること防ぐことができます。

 

また、「多焦点レンズ」と呼ばれる、1枚のレンズで近用と遠用の二つの焦点を持つものがあります。
近視で老眼の人に非常に役立つものもあります。

 

他にも、ブルーライトカットの眼鏡なども出てきております。
ブルーライトは網膜に悪影響を及ぼすものなので、現代人にとって欠かせないアイテムになるでしょう。

 

また、目のトレーニングを行ったり、目に良いとされる栄養素を取り入れることも十分な対策になります。
トレーニングとは、目を動かしたり、血行を良くするためのツボを刺激するなど、誰でも簡単にできる方法です。
これを日課とすることで、視力がよくなったり、視界が良くなったりします。

 

ルテイン」と「アントシアニン」、「ビタミン」といった、目に良いとされる栄養を取ることも大切です。
眼精疲労の回復に役立ち、目の網膜などの部位を保護したりする効力があります。
眼病全般の防止にも役立つのです。
こうした目によいとされる成分が豊富に含まれているサプリメントを使うと、手軽に補えるのでおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回紹介したものは、どちらも加齢とともになりやすいものなので、混同されてやすいです。

 

しかし、実際はどちらも異なる症状なので、それぞれしっかりと覚えておけば、より対策しやすくなります。

 

この記事を読んで、少しでも老眼と遠視の違いについてお役に立てたら幸いです。

page top