老眼 トレーニング

老眼回復に有効なトレーニング方法

老眼を回復させるのに効果があるとされているトレーニング方法があります。

 

回復というと語弊があるかもしれませんが、老眼の進行をトレーニングで緩めることは可能です。

 

老眼に効果があるとされているトレーニングがあります。

 

ここでは、老眼に効果的なトレーニング方法についてご紹介します。

 

老眼はトレーニングによって治せるものなの?

目に関する研究は世界各国で行われており、さまざまな研究がおこなわれています。

 

アメリカの大学にて行われた研究で興味深い結果が出ました。
その内容とは、平均年齢が22歳のグループと、71歳のグループ、二つを対象にあるトレーニング終了後の視力の変化を調べた検証実験です。

 

どちらのグループも視力の改善が見られました。
しかし、それぞれの改善の仕方が若干異なったのです。

 

高齢者のグループは、近いものを見る力の回復が顕著に表れたのに対し、若者グループは遠くを見る力が改善されました。
結果は、どちらも視力が回復したということには変わりませんが、年齢によって回復する力が「遠くを見る力」と「近くを見る力」に異なったのです。

 

老眼は、近いものを見る時にピントが上手く合わなくなってしまう現象です。
多くの人は、視力が悪くなったり、視界がぼやけてしまうこと全般を老眼と捉えておりますが、実はそれは「遠視」のことをいいます。

 

つまり、トレーニングによって老眼の改善に効果があるということがわかったのです。

 

老眼に有効なトレーニングとは?

老眼は、目の中の水晶体や筋肉の衰えによっておこるものです。

 

こればかりは老化と共に防ぎようがないため、やはり老眼を完全に防止したり完治させたりすることはできません。
しかし、老眼の進行を遅らせることや、症状を軽くすることは可能となります。

 

それを可能にするのが「目のトレーニング」です。
目の筋肉を意識的に動かすようなトレーニングは、老眼の進行を遅らせることに有効とされております。
さらに、眼精疲労の回復にも役立ちます。

 

老眼トレーニング①:基礎トレーニング

まずは目を強く閉じ、そして強くパっと開きます。
これを5回ほど繰り返します。

 

その後、眼球を上下左右に動かし、ぐるりと回すようにします。

 

これらを繰り返すことで、改善に効果があるとされております。

 

老眼トレーニング②:調節訓練

老眼予防のためにできる調節訓練というものがあります。

 

まずは目の前15cmほどの位置に、人差し指、あるいはボールペンなどの細長いものを持ち、その先端を見ます。
その時はピンボケでも構いません。

 

その状態で今度はできるだけ遠くのものを見ます。
できれば5メートルは離れたものがよいです。

 

その時に、目と目の間とペン先と遠くのものが一直線に並ぶようにします。

 

この二つの動きを繰り返しましょう。
約1秒間隔で、20往復ほどです。

 

1日に4回以上やるのが理想的です。
もし目の矯正しているものを普段着けているかたは、その状態で行いましょう。

 

他にも、3Dアートを毎日3分ほど眺めたり、手元の本と壁にかけてあるカレンダーや時計を交互に見るという動きをするだけでも、老眼対策のトレーニングになります。

 

大切なのは、日課として出来る限り毎日行うことです。

 

老眼予防に効くツボ指圧をおこなう

血行を良くする方法としては、目のツボを指圧する方法が有効です。

 

効果的なツボとしては、こめかみのツボ、眉毛の間にあるツボ、そして眉毛の鼻に近いところあるツボです。

 

どのツボも、親指でゆっくりと押し上げるように指圧してあげるとよいでしょう。
一日に数回、何セットか行うことで、目の血行を促進することできます。

 

ただ、血行を良くしたからといって、肝心な栄養素が足りなければ意味がありません。

 

目に効く栄養素を届けて老眼予防を高める

老眼トレーニングのほかにも、有効な手段があります。

 

それは、目に栄養素を届けることです。

 

目に栄養素を届けることで、血行がよくなったり、老化の進行を抑えるなどの効果が期待できます。
とくに「アントシアニン」や「ルイテン」といった栄養成分が目に良いとされています。

 

ブルーベリーや緑黄色野菜、あるいはビタミン豊富な果物なども摂り入れ、毎日の健康状態も意識するようにしましょう。

 

もし食品から栄養素を摂ることが難しい場合は、栄養成分が豊富に配合されたサプリメントで補いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

老眼はトレーニングを毎日かかすことなく実践することで、進行を遅らせたり、症状を軽くすることが可能です。

 

もちろん、すぐに効果が現れるものではありませんので、辛抱強く継続して行うことが大切です。

 

この記事を読んで、少しでも老眼トレーニングのお役に立てたら幸いです。

page top